受付時間

きくち接骨院 0243-62-1154

お問い合わせ

スタッフブログ

繰り返す足首の捻挫と対処法

繰り返す足首の捻挫と対処法

こんにちは、二本松市いろどり接骨院(旧きくち接骨院)です!

みなさんの中にスポーツなどで足首を捻挫してから同じ側の足首を繰り返し捻挫してしまう、こんな経験をお持ちの方がいらっしゃると思います。

二本松市にあるいろどり接骨院にも部活をしていて足首を捻挫して痛めた学生さんや繰り返す足首の捻挫でお困りの方が来院されます

足首の捻挫は時間が経てば炎症期が終わり痛みが収まってしまうこともありますが、痛みが無くなった=治ったと思い放置してしまうと、足首の捻挫を繰り返すリスクが高まってしまいます!

捻挫とは

足首を痛めたお爺さんのイラスト

そもそも捻挫とは、関節が不自然なひねり方をして関節の靭帯や腱などが傷つくケガのことです。関節部分の血管が傷つくと、内出血を起こしてその部分が腫れてきます。また、出血してた部分が固まって動きも悪くなります。
主に捻挫は指(突き指も捻挫の一種)や足首に多く見られ、スポーツをしているときや、つまずいたり、転んだりしたときなど日常生活でも起こりやすく、捻ったときの力のかかり具合により、靭帯に強く引っ張られて骨の一部が剥がれてしまう剥離骨折を起こすことや、捻挫したところの周辺の関節軟骨などの体の組織を傷つけてしまうこともあります。足首の捻挫だと思って来院されて、実際は骨折していたというケースがときどきあります。腫れがひどかったり、地面に足をつけられないくらいの痛みや、外くるぶしの上を押して痛むようであれば骨折の疑いがあります。

捻挫は靭帯の損傷程度により、3つのレベルに分類されます。

第1度  痛みや腫れも軽く、靭帯の繊維が一時的に伸ばされている状態

第2度  靭帯が部分的に断裂している状態で、関節の不安定性が少しみられ機能的な障害も認められる

第3度  靭帯が完全に断裂している状態で、関節の不安定性がいたるところにみられ、高度な機能障害が起こる

なぜ足首の捻挫は繰り返すのか?
弱った筋肉のキャラクター
足首の捻挫の多くは9割が内側に捻って生じるため、外くるぶし周辺の靭帯(前距腓靭帯・踵腓靭帯)を損傷します。
ですが重度の捻挫ではない限り痛みは炎症期が終わると収まり、また、湿布や痛み止めで痛みを和らげる場合がほとんどだと思います
痛みは放置しておけば収まることがありますが、損傷してしまった靭帯が元の状態に戻るのには約2週間程度、重症であれば6〜8週間程度かかると言われています。つまり、靭帯が伸びてしまうような重度の捻挫や歩くことが困難な場合、捻挫してからからすぐに伸びてしまった靭帯を元の位置に戻すようにしてギプスで固定しなければ、靭帯は伸びたゴムのようになってしまい、関節が緩くなり捻挫を繰り返すようになってしまいます!

二本松市いろどり接骨院の足関節捻挫の施術方法は?
1度損傷 サポーターで対応
2度損傷 ギプス固定にて対応
3度損傷 骨折の疑いがある場合はギプスシーネ松葉杖にて対応

足のテーピングのイラスト

また、二本松市のいろどり接骨院では、検査などで骨・靭帯・筋肉を検査して骨折の疑いがある方は必要に応じて提携している病院に紹介して頂くことも可能です!!

足関節捻挫の対処法
捻挫をしてしまったらRICE処置が基本と言われています。
RICE処置とは REST(安静) ICING(冷却) COMPRSSION(圧迫) ELEVATION(挙上)
の頭文字を取ったものになります。

REST(安静)
捻挫をしたばかりは動かさずに安静を保つことが重要になります。
痛みのある場所を動かさずになるべく安静に過ごしましょう!

ICING(冷却)
氷や氷のう、冷湿布などを使って患部を冷やし炎症を抑えましょう
氷などを長い時間直接皮膚に当てると、しもやけや凍傷になる危険性があるため必ずビニール袋やタオルなどで氷を包んで患部を冷やしましょう!
冷やす時間は目安として15分程度として、それを何度か繰り返しましょう!

COMPRESSION(圧迫)
腫れがひどい、熱を持っている場合は損傷や内出血が強いことが考えられます。
腫れを抑えるため、患部を包帯などで軽く圧迫、固定しましょう!
ただし包帯の巻き方が強すぎて圧迫しすぎてしまうと血液循環が悪くなってしまうため異常を感じたらすぐに包帯を外したり、緩めるようにしてください。

ELEVATION(挙上)
腫れや内出血を最小限にとどめるため、患部を心臓よりも高い位置にしましょう!
足関節捻挫で腫れや内出血がひどい場合は仰向きになりクッションや座布団を重ねたものの上に足を乗せておくといいと思います。

万が一足首を捻挫してしまったら?! 二本松市いろどり接骨院へ

二本松市いろどり接骨院ではギブスや包帯などで靭帯が伸びないようにしっかり固定して繰り返す足首の捻挫を防ぎます。
また、捻挫によって動かしずらくなった筋肉などの組織に対して気療法を行っていきます。
痛みや腫れ、内出血が治まったあとは、足首を捻挫したことによっバランスが崩れてしまった背骨を治療することでお身体を根本から整え、足首の捻挫を繰り返さない、捻挫しても治りやすいお身体を作っていきます。 

強い骨のキャラクター

腫れや内出血がひどい場合や、いつまでも痛みが治まらない場合は捻挫と同時に骨折している可能性もあります。
捻挫をしてしまいお悩みの方がいましたら、すみやかに二本松市のいろどり接骨院へお気軽にご相談ください。

ご予約優先制となりますので、来院される前にお問い合わせ頂けるとスムーズなご案内ができます。

心よりお待ちしております。

二本松市いろどり接骨院 HP
二本松市いろどり接骨院 足関節捻挫

きくち接骨院

0243-62-1154

住所
〒964-0937 福島県二本松市榎戸1丁目309-4
アクセス
二本松工業高校 徒歩5分
駐車場10台有

受付時間